小村雪岱スタイル―江戸の粋から東京モダンへ

2021年7月8日(木)〜8月29日(日)、山口県立美術館にて開催

画像:青柳

小村雪岱 「青柳」(部分)

  • 木版多色刷 昭和16年(1941)頃
  • 個人蔵

はじめに

 大衆文化が花開いた大正から昭和初期にかけて、「画家」と呼ぶには収まりきらない、多岐にわたるジャンルに新風を吹き込み、人々を魅了した小村雪岱(こむらせったい)。いま、その再評価の機運が高まっています。
 本展では装幀や挿絵、舞台装置画、そして貴重な肉筆画や版画など、江戸の粋を受け止め、東京のモダンを体現した雪岱の作品を、西日本ではじめて総合的にご紹介いたします。また鈴木春信(すずきはるのぶ)の浮世絵や、並河靖之(なみかわやすゆき)の七宝をはじめとする明治工芸の数々を通して、「江戸の粋」から「東京モダン」へと至る系譜をご覧いただくとともに、彼らの要素を引き継ぐ現代作家の作品も合わせて展示いたします。
 消えゆく古の情趣と、今なおモダンな要素を兼ね備える、「雪岱スタイル」と呼ぶべき洗練された美の世界をご堪能ください。

小村雪岱(こむら せったい)明治20年(1887)〜昭和15年(1940)

大正~昭和初期、いわゆる商業美術の世界において、斬新で繊細な数々の作品を生み出した美術家。東京美術学校で培った日本画の技術を礎に、泉鏡花らが紡いだ言葉を鮮やかに彩る「装幀家」として、江戸情緒を白黒の線画で大胆かつ可憐に表現する「小説挿絵画家」として、役者からの信頼も厚い「舞台美術家」として、引く手あまたの多忙な活躍を見せた。また発足間もない資生堂意匠部では、商品や広告デザインにも携わるなど、時代を先導する足跡を残している。

小村雪岱|装幀本

画像:『日本橋』表紙

泉鏡花 『日本橋』表紙

  • 大正3年(1914)
  • 清水三年坂美術館
画像:愛染集

泉鏡花 『愛染集』 函、表表紙

  • 大正5年(1916)
  • 清水三年坂美術館

開催概要


山口県立美術館

*会期中、一部展示替えがあります。

開館時間
9:00〜17:00(入館は16:00まで)
休館日
月曜日 ※ただし8月2日(月・ファーストマンデー)、8月9日(月・休日)は開館
観覧料
  • 一般1,300(1,100)円
  • シニア・学生1,100(900)円
  • 18歳以下無料
  • シニアは70歳以上の方、( )内は前売りおよびオンラインチケットの料金。
  • 高等学校、中等教育学校、特別支援学校に在籍の方等は無料。
  • 障害者手帳等をご持参の方とその介護の方1名は無料。
  • 前売り券は、ローソンチケット(Lコード:61558)、セブンチケットおよび県内各プレイガイドでお求めください。
主催
山口県立美術館、朝日新聞社、yab山口朝日放送
協力
清水三年坂美術館
監修
山下裕二(明治学院大学教授)
企画協力
広瀬麻美(浅野研究所)
後援
山口県教育委員会、山口市、山口市教育委員会、一般社団法人山口県観光連盟、山口商工会議所、一般財団法人山口観光コンベンション協会、湯田温泉旅館協同組合
特別協力
エフエム山口
特別後援
資生堂ジャパン株式会社
特別協賛
西京銀行

関連イベント

ゆかたで雪岱スタイル

雪岱の世界を、和装でたのしみませんか。
ゆかた・きものでご来館の方は、200円引にてご観覧いただけます。

  • 当日券またはオンラインチケットのゆかた割券をお求めください。他の割引との併用不可。

小村雪岱|肉筆画

画像:盃を持つ女

小村雪岱 「盃を持つ女」

  • 絹本着色
  • 清水三年坂美術館
画像:月に美人

小村雪岱 「月に美人」

  • 絹本着色
  • 清水三年坂美術館

ご来館される皆さまへ

※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、今後の状況によっては、混雑時の入場制限や、開館・閉館時間の変更、および臨時休館等の対応を取らせていただく可能性がございます。最新の情報は当館ウェブサイトにてご案内いたしますので、必ず事前にご確認の上、ご来場いただきますようお願い申し上げます。

  • ご入館時に検温を行います。37.5度以上の発熱等の症状がある際は、入館をお断りする場合がございます。
  • 大人数でのご来館はお控えください。なお、団体料金での受付はいたしません。
  • 必ずマスクを着用し、周囲の方との距離をできるだけ空けてください。
  • 託児、カフェなど、休止させていただくサービス等がございます。

小村雪岱|木版画

画像:雪の朝

小村雪岱 「雪の朝」

  • 木版多色刷
  • 昭和16年(1941)頃
  • 個人蔵
画像:蛍

小村雪岱 「蛍」

  • 木版多色刷
  • 昭和17年(1942)
  • 清水三年坂美術館

SETTAI STYLE — From Edo Chic to Tokyo Modern